Noraworld Developers Blog
CSS の :not() の使いかた

CSS でスタイルを適用したいけど、ここだけは適用したくない! っていうときがたまにあります。

そういうときは、:not() を使うと簡単に実装できます。

p タグだけ除外

:not(p) {
  /* something */
}

id=”foo” だけ除外

:not(#foo) {
  /* something */
}

href 属性がある要素だけ除外

:not([href]) {
  /* something */
}

type=”text” だけ除外

:not([type="text"]) {
  /* something */
}

container 要素の子要素 h1 だけを除外

<div id="container">
  <h1>タイトル</h1>
  <p>説明説明説明</p>
  <p>説明説明説明</p>
</div>
#container :not(h1) {
  /* something */
  /* p タグには適用され、 h1 タグには適用されない */
}

⚠️ container 要素の子孫セレクタ h1 を :not() で否定するので、#container:not(h1) の間には子孫セレクタの書き方と同じようにスペースを入れてください。

#container :not(h1) /* OK */
#container:not(h1)  /* NG */

container 要素の子要素 img に適用させたいけど、emoji クラスがある img は除外

<div id="container">
  <img src="something.jpg">
  <img src="something.png">
  <img src="something.gif" class="emoji">
</div>
#container img:not(.emoji) {
  /* something */
  /* something.jpg と something.png には適用され、something.gif には適用されない */
}

⚠️ さきほどとは逆で、img:not()の間にはスペースを入れないでください